タイトル
こびとになったクリスマス
  • カテゴリー
  • 小説
  • 作家
  • たんぼず
  • 挿絵
  • TEAM.M
  • 朗読
  • 星野紗良
  • 発売日
    2015-10-30
    ページ数
    106p
    レビュー 2 件

    対応OS

    cart book

    詳細説明

    第11回星の砂賞【審査員特別賞】受賞作品

    失恋した受験生の奈々。 

    クリスマスもひとりぼっちで、何もかもがうまくいかなくて。
    嫌になった彼女に起きた、クリスマスの奇跡。

    このブックに対するレビュー

    • 全体の評価

      5.0

    • 評価内訳

      全て(2件)

      (2件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)

    この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。

    ※ 作成者がニックネームで表記されますのでニックネームを登録して下さい。

    • 星評価
    • タイトル
    • コメント

    並び順を変更する:評価の高い順 | 投稿日の新しい順 | 評価の低い順

    • 【ほっこりなストーリー】
    • まさかのまさかの小人になった主人公。
      小人になってしまうという難儀に見舞われながらも、日常的なことをしっかりこなそうとする主人公の可愛い律儀さと、それを助ける存在たちのちょっとゆるくほっこりなドキドキ感に、度々微笑んでいました。
      やがてその道程で知るクラスメイトの一面、抱える想いに少し切なくなりつつも、たどり着いたエンドはあたたかくて、小人ミラクルの理由ともどもじんわりさせられました。
      おじいさんに拍手と、そして二人の未来に幸あれとエールを…!
    • 投稿者:湖汐, 2015-11-20 13:22:28

    • 【面白くて温かくて】
    • タイトル通り、クリスマスイブに突然こびとになった女の子のお話ですが、こびとになってからの彼女の行動がとても面白いです。
      小さな身体で様々な困難に立ち向かうシーンは応援したくなると共にくすっと笑ってしまいます。
      彼女を助けてくれる遠藤君もこれまたとっても良い人で…
      面白くてほっこりして、エンディングは絵に描いたようなハッピーエンド!
      最初から最後までずっと楽しめる素敵なお話でした。
    • 投稿者:神在琉葵, 2015-11-05 17:41:17

    同一作家・挿絵作家・朗読者作品