タイトル
天使の誤算
  • カテゴリー
  • 小説
  • 作家
  • 神在琉葵
  • 挿絵
  • ゆいの
  • 朗読
  • 高島 美穂
  • 発売日
    2013-02-10
    ページ数
    52p
    レビュー 3 件

    対応OS

    cart book

    詳細説明


    第5回星の砂賞 優秀賞受賞作品
    不幸の連続だった少女に死の天使からの“楽しい思い出”の贈り物。
    一体どんな幸せが少女に降り注ぐのか…?


    ■受賞者コメント抜粋
    今回は、ギリギリになってから、気力、体力、集中力をふり絞って一気に書き上げた作品だったので、喜びもひとしおです。 応援していただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。m(__)m 


    ■星の砂選考委員会からのコメント
    出会いから二人の馴れ初め、別れ、そして再会と細部までしっかり描かれておりぐいぐい物語に引き込まれていきました。 少女の死を巡る物語とありがちな話かと思いきや、既存のストーリーとは異なる作者独自のオリジナリティあふれる展開、巡り巡っての結末は目の離せないものでした。 何より読み終わった後の爽快感は言葉では言い表せません。 


    ■作者について

    作者:神在琉葵

    誕生日:秋桜の咲く頃

    出身地:フランス(妄想)

    血液型:几帳面とは言いがたいA型

    他の作品:「あたたかな贈り物」「幸せの三つ結び」「石のココロ」「笑顔の前に

    <自己紹介>

    妄想すること、考えること、書くことが大好きです。ジャンル的にはやや大人向けのファンタジーやコメディが多いです。ご感想やリクエストをいただくと、俄然やる気が出ますので、どうぞよろしくお願いします。

    このブックに対するレビュー

    • 全体の評価

      5.0

    • 評価内訳

      全て(3件)

      (3件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)

    この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。

    ※ 作成者がニックネームで表記されますのでニックネームを登録して下さい。

    • 星評価
    • タイトル
    • コメント

    並び順を変更する:評価の高い順 | 投稿日の新しい順 | 評価の低い順

    • 【素敵な誤算】
    • 優秀な天使の唯一、かつ致命的な誤算…。
      でも、それはとても『人間』らしく素敵な誤算でした。
      読み終えて素敵なストーリーにじんわり、これからの2人の幸せを祈るとともに、素敵なタイトルの意味にジーンときました。
    • 投稿者:いっき, 2016-11-23 17:43:30

    • 【ここから始まる愛の物語】
    • 冒頭の彼は思いやりがあり魅力的です。
      誤算後の彼は……野性味が前面に出て、しかし、イイ感じです。
      そんな彼に、「桜色の愛を見つけられるよ」と思わず応援したくなりました。
    • 投稿者:縁側, 2016-08-22 12:47:26

    • 【見誤りの奇跡】
    • 長年何らかの物事に接すると、だいたい予測がついたり、流れを計算できてしまうもの。
      そこに生じた落とし穴はしかし、奇跡を呼ぶこともあり…。
      予測もしない出来事に出会った彼は、やがて自らが思いもしなかった行動に。
      …それは、彼自身げんなりするであろう誤算。そして、素敵な誤算なのだと感じました。
      この作品の未来が楽しみです。
    • 投稿者:湖汐, 2013-10-08 15:51:24

    同一作家・挿絵作家・朗読者作品