タイトル
マヒルノジョウジ
  • カテゴリー
  • 小説
  • 作家
  • 万里小路 頼光
  • 挿絵
  • 秋月
  • 朗読
  • 大貫 星
  • 発売日
    2016-12-30
    ページ数
    112p
    レビュー 2 件

    対応OS

    cart book

    詳細説明

    第13回星の砂賞 審査員奨励賞

    親から貰った名前。どう考えても、ふざけて付けたんだろうとしか思わずにはいられないものが有るものだ。例えば、阿部真理亜とか、山田昇とか、川田渡・・・。

    だけど俺の名前ほど、強烈なものは無いだろう。どんな名前かって?
    その名は――

    このブックに対するレビュー

    • 全体の評価

      5.0

    • 評価内訳

      全て(2件)

      (2件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)

    この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。

    ※ 作成者がニックネームで表記されますのでニックネームを登録して下さい。

    • 星評価
    • タイトル
    • コメント

    並び順を変更する:評価の高い順 | 投稿日の新しい順 | 評価の低い順

    • 【面白い!】
    • まさか、名前が仕事の、しかも、ウィークポイントだと思っていた名前が、仕事の上でこれほど大きな武器になろうとは…
      といいますか、マイナスなイメージをプラスに切り替えられたからこそ、彼を取り巻く環境は変わっていったのかもしれませんね。
      しかも、仕事だけではなく恋愛までもものにした彼は、なかなかのやり手ですね。
      これからの彼の活躍ぶりを読んでみたいと思いました。
    • 投稿者:神在琉葵, 2017-01-11 20:52:16

    • 【珍名を武器に】
    • コンプレックスだった筈の名前を武器に営業で成功していくストーリー、とても面白かったです!
      会社の諸先輩の人柄の温かさも滲み出ていて、こんな職場だったら毎日が楽しいだろうな、と思いました。
      個人的には恵さんのドレス姿を挿絵で見ることができて、大満足です(笑)譲二くんと恵さんのコンビネーションも大好きなので、続編に期待です!
    • 投稿者:いっき, 2016-12-30 21:38:20

    同一作家・挿絵作家・朗読者作品