タイトル
七夕の約束
  • カテゴリー
  • 小説
  • 作家
  • 神在琉葵
  • 挿絵
  • 詩織加埜
  • 朗読
  • 山口茉夕
  • 発売日
    2017-02-10
    ページ数
    18p
    レビュー 4 件

    対応OS

    cart book

    詳細説明

    第3回ショートショートコンテスト【審査員特別賞】受賞作品

    「三年後の七夕に会おう!」
    だけど、その約束は守られなかった…

    このブックに対するレビュー

    • 全体の評価

      5.0

    • 評価内訳

      全て(4件)

      (4件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)

    この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。

    ※ 作成者がニックネームで表記されますのでニックネームを登録して下さい。

    • 星評価
    • タイトル
    • コメント

    並び順を変更する:評価の高い順 | 投稿日の新しい順 | 評価の低い順

    • 【七年越しの約束】
    • まさに七夕伝説のように、鈴香さんと真人くんの七年越しの約束が実を結ぶ、とても美しいお話でした。真人くんの一途な想いが結ばれてとても嬉しかったけど、少しドジな理由にも頬が緩んでしまいました。「七夕」とタイトルの「七年」も繋がっていて素敵でした。
    • 投稿者:いっき, 2017-02-12 22:01:55

    • 【信じるもの】
    • 心で想い続けていなければ、機会は訪れなかったのでしょう。
      揺れ動いても変わらない二人の願いと想いが重なった瞬間には、ただただじんわりしました。
      七夕…年に一度しかないその機会は、どれだけ待ち遠しいでしょうか。
      そんな待ち遠しさを、何年も…。
      二人の愛に、ノックアウトされた気分です。
      こんな奇跡を信じていたいなと、読後に感じられる、素敵なお話でした。
    • 投稿者:湖汐, 2017-02-11 17:35:13

    • 【愛が繋ぎ止めた二人】
    • 約束の時に事故。でもそれから毎年七夕の日に会えるのではないかと一縷の望みを胸に約束の場所に行き続けた真人。鈴香もずっと思い続け、そして七年目に……。お互いを強く思う気持ち。愛の力は奇跡を起こすんですよね。良かった。
    • 投稿者:万里小路 頼光, 2017-02-11 13:33:37

    • 【綺麗な物語】
    • そこに愛があったからこその物語でした。
      彼の夢を叶えるために、耐える彼女。
      唯一の糸は“七夕”。
      二人の愛は……。
      読後、ダイヤモンドより美しい涙を流すことになるでしょう。

    • 投稿者:縁側, 2017-02-10 11:20:27

    同一作家・挿絵作家・朗読者作品