タイトル
笑顔の前に
  • カテゴリー
  • 小説
  • 作家
  • 神在琉葵
  • 挿絵
  • REITO
  • 朗読
  • 梅澤 朝香
  • 発売日
    2011-10-07
    ページ数
    14p
    レビュー 2 件

    対応OS

    cart book

    詳細説明


    第2回朗読Cafe 朗読賞受賞作品
    悲しみにくれる主人公の前に現われた不思議な少年。
    少年の言葉に、やがて主人公の冷たく閉ざされた心が溶け、涙が溢れ…。


    ■作者について

    作者:神在琉葵

    誕生日:秋桜の咲く頃

    出身地:フランス(妄想)

    血液型:几帳面とは言いがたいA型

    他の作品:「あたたかな贈り物」「幸せの三つ結び」「天使の誤算」「石のココロ

    <自己紹介>

    妄想すること、考えること、書くことが大好きです。ジャンル的にはやや大人向けのファンタジーやコメディが多いです。ご感想やリクエストをいただくと、俄然やる気が出ますので、どうぞよろしくお願いします。

    このブックに対するレビュー

    • 全体の評価

      5.0

    • 評価内訳

      全て(2件)

      (2件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)

    この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。

    ※ 作成者がニックネームで表記されますのでニックネームを登録して下さい。

    • 星評価
    • タイトル
    • コメント

    並び順を変更する:評価の高い順 | 投稿日の新しい順 | 評価の低い順

    • 【大人になっても…】
    • 大人になると、自分の感情に嘘をついたり、作り笑いで取り繕ったりしてしまうようになります。でも、悲しみを乗り越えて笑顔で前を向くためには、自分に素直に流す涙が必要なんだと教えてくれる作品でした。最後、彼の言葉を聞いて自分の感情に素直になれた主人公に、とても感動しました。
    • 投稿者:いっき, 2017-01-11 23:55:56

    • 【リフレッシュにお薦めです。】
    • 『悲しい時に泣くのは悪いことなんかじゃない。笑顔になるために、きっと必要なことなんだ』
      このフレーズに感動しました。
      短編ながら、いや、短編だからこその、とても心地良い読後感。
      ナーバスになった時など、サッと気分転換が出来る名作です。
    • 投稿者:縁側, 2016-08-07 12:18:59

    同一作家・挿絵作家・朗読者作品