タイトル
臆病者と泣き虫歌姫の童話ではない物語
  • カテゴリー
  • 小説
  • 作家
  • 上村夏樹
  • 挿絵
  • TEAM.D
  • 朗読
  • 高瀨 萌
  • 発売日
    2018-02-28
    ページ数
    101p
    レビュー 0 件

    対応OS

    cart book

    詳細説明

    第15回星の砂賞 【審査員特別賞】受賞作品

    (Side-A)

      カノンは歌うのが大好きな女の子。森に棲む彼女は、いつも美しい歌声を森中に響かせます。しかし、今日のカノンは、森の家で一人孤独に泣いています。しくしく。しくしく。森に響くのは、カノンの濡れた嗚咽です。
      カノンが泣いていると、彼女の家のドアが開きました。挙動不審で臆病な、タイヨーという男がやってきたのです。
      カノンは何故泣いているのか。そして、謎の客人タイヨーの目的とは何か。

      これは、臆病者と泣き虫歌姫の童話ではない物語。


     (Side-B)

      小説を書くことが好きな高校生――太田陽介は、内向的で、うじうじしていて、臆病で、ネガティブで、いつも挙動不審な男である。
      陽介は放課後、美しい歌声に誘われて音楽室にやってきた。音楽室で、歌いながら泣く香坂琴音に出会う。美しい彼女と、彼女の歌声に、陽介は一瞬で恋に落ちた。琴音は涙を拭きながら陽介に話しかけるも、臆病で内気な陽介は恥ずかしくて逃げだしてしまう。
      後日、琴音に話しかけられる陽介。なんと、陽介が小説を書いていることがバレたのだ。
      この日を堺に、二人の距離はどんどん縮まっていく。
      二人の仲が深まる中、陽介は琴音の秘密を知って――。

      これは、強がりな女の子を救う、勇気ある少年の物語。


      そして――やがて、物語は一つになる。

    このブックに対するレビュー

    • 全体の評価

    • 評価内訳

      全て(0件)

      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)

    この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。

    ※ 作成者がニックネームで表記されますのでニックネームを登録して下さい。

    • 星評価
    • タイトル
    • コメント

    並び順を変更する:評価の高い順 | 投稿日の新しい順 | 評価の低い順

    レビューリストがありません。

    同一作家・挿絵作家・朗読者作品