タイトル
俺の罪と罰
  • カテゴリー
  • 小説
  • 作家
  • ウッチャン
  • 挿絵
  • 瑠花
  • 朗読
  • 萩原悠太
  • 発売日
    2019-01-10
    ページ数
    8p
    レビュー 0 件

    対応OS

    cart book

    詳細説明

    第6回ショートショートコンテスト【審査員奨励賞】受賞作品

    軽微な犯罪の急増に手を焼いた国は、刑務所に代わる刑罰施設をつくった。
    その施設のルールは、入所者は一切「私、俺、ぼく」などの一人称の使用を禁止するというものだ。服役する七日間の間、一人称を口にしなければ刑罰期間は終了し、解放される。

    ところが一度でも禁を破れば、振り出しに戻り、再度一週間、刑に服す。
    当初、軽い気持ちで入所した服役者は、思わず「俺」などと口走り、係官に抑えられ、また振り出しに戻る。
    その怖ろしい刑罰は際限なく続くのだった。

    このブックに対するレビュー

    • 全体の評価

    • 評価内訳

      全て(0件)

      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)

    この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。

    ※ 作成者がニックネームで表記されますのでニックネームを登録して下さい。

    • 星評価
    • タイトル
    • コメント

    並び順を変更する:評価の高い順 | 投稿日の新しい順 | 評価の低い順

    レビューリストがありません。

    同一作家・挿絵作家・朗読者作品

    同一作家/挿絵/朗読 該当の電子ブックはありません。