タイトル
幸せの三つ結び
  • カテゴリー
  • 小説
  • 作家
  • 神在琉葵
  • 挿絵
  • 月宮桜
  • 朗読
  • 荒巻 圭澄
  • 発売日
    2013-07-30
    ページ数
    59p
    レビュー 2 件

    対応OS

    cart book

    詳細説明


    第6回星の砂賞 審査員特別賞受賞作品
    有名な占い師、クリスティーナ・三浦のところへ足を運ぶ早苗と理香。
    早苗の悩みは愛犬・ケンケンの病気のこと。
    果たしてどんなお告げを受けるのか?


    ■作者について

    作者:神在琉葵

    誕生日:秋桜の咲く頃

    出身地:フランス(妄想)

    血液型:几帳面とは言いがたいA型

    他の作品:「あたたかな贈り物」「天使の誤算」「石のココロ」「笑顔の前に

    <自己紹介>

    妄想すること、考えること、書くことが大好きです。ジャンル的にはやや大人向けのファンタジーやコメディが多いです。ご感想やリクエストをいただくと、俄然やる気が出ますので、どうぞよろしくお願いします。

    このブックに対するレビュー

    • 全体の評価

      5.0

    • 評価内訳

      全て(2件)

      (2件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)
      (0件)

    この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。

    ※ 作成者がニックネームで表記されますのでニックネームを登録して下さい。

    • 星評価
    • タイトル
    • コメント

    並び順を変更する:評価の高い順 | 投稿日の新しい順 | 評価の低い順

    • 【精一杯に生きる】
    • 当たると評判の有名な占い師。
      占い師のカラクリを見極めようと読み進める私は、愕然とします。
      そして、汚れた己の心を恥じました。
      何時でもどんなときにでも、精一杯生きよう。
      そんな思いに気付かされる作品です。

    • 投稿者:縁側, 2016-08-14 11:09:49

    • 【結ばれたもの】
    • 作品に沿って読み進めるうちに、流れにぐいぐい引き込まれて、まさかの結末にたどり着くことが予測できませんでした。
      色々な意味で驚愕し、涙した愛しい作品です。
      タイトルの真意は、結ばれたもの…それを考えながら読み返すとさらに味わい深く。
      何度読んでもぐっとくる物語です。
    • 投稿者:湖汐, 2013-10-08 15:41:13

    同一作家・挿絵作家・朗読者作品